夏の保湿ケア

冬の乾燥時などに行う保湿ケアですが、意外と夏も保湿が必要な季節だということをみなさんご存知でしょうか?冬の乾燥時の保湿ケアは外から肌に保湿剤を塗ったりと外的ケアがメインになっていますが、夏は体の中から乾燥してしまいそれが肌に大きな影響を与えますので、夏の保湿ケアについてもしっかりと学んでいきましょう。

夏場は室内でエアコンが効いた部屋についついこもりがちになり、徐々に肌の水分がなくなり結果的に乾燥肌になり意外と肌トラブルを発症しやすい肌状態に陥りやすいです。夏の保湿ケアで大事なのが、通常通り保湿剤などの保湿ケアも大事ですが、ミネラルウォーターやスポーツドリンクなどの水分を一度ではなくこまめに補給することで体内の水分を枯らすことなく肌の乾燥を防ぎましょう。

また乾燥させない為の保湿ケアとして食事面からも保湿ケアを行うことを忘れないで下さい。具体的にはオリーブオイルなどの良質な脂分を摂取することやおやつ代わりで構いませんので、アーモンドを摂取することなども食事面から保湿ケアできる方法として挙げられますので是非気にしながら摂取するようにして下さい。もちろんこちらの食事からできる保湿ケアは冬場の乾燥時期にも効果がありますので、外側からの保湿ケアと並行して内側からの保湿ケアも継続的に行い、乾燥知らずのお肌を手に入れましょう。

自分に合わない化粧品はNG

保湿が良いからといって、保湿のし過ぎは逆効果です。肌トラブルを悪化させてしまうことはもちろんのこと、アトピー肌の方も保湿ケアのし過ぎで症状を重くしてしまいますので、もし保湿ケアを誤って覚えていたらぜひ改善するようにして下さい。

洗顔のし過ぎなども誤った保湿ケアで多いのですが、細かい所でも誤ったケア方法があります。化粧水を付けるときも手やコットンに付けて肌に叩きながら付けている方いませんか?保湿クリームなどを塗る際に肌にしみこむように過度な力で肌に食い込むような形で塗っていませんか?こうした力の入れ過ぎやこすり付けるといった行為は全て肌にダメージを与えてしまいますので、基本は優しく丁寧に扱うことが大切です。

また、保湿ケアに誤った化粧品を使ったりしている人はいませんか?最低限守るべきことは高い商品で肌にとって効きそうな化粧品でも使ってみて自分に合わないと感じるようでしたら絶対に使用しないで下さい。そうした化粧品を使い続けることで肌のバランスや保湿バランスが崩れ肌トラブルを起こす可能性が高まります。自分に合っている商品であったとしても過度な量を使っている場合にも肌にとっては逆効果です。余分な成分は肌の許容範囲を超え、自分の肌だけでは補いきれません。その余分な成分が原因で肌はかえって乾燥肌になりやすくなったりしますので、自分に合った化粧品でも適度な量を保つことも守りつつ保湿ケアを行うようにして下さい。

洗顔のし過ぎはNG

アトピー肌の改善などにも非常に大切な保湿ですが、いくら肌に良いとされている保湿でもケアをし過ぎてしまうと保湿の効果をかえって下げてしまいますので、絶対にケアのし過ぎは避けていきたいものです。

人は健康であればしっかり保湿を保つ機能が備わっていますので、保湿はしなくても良いのですが、どうしても肌の保湿力が低下してしまう時期もあることから保湿を含むスキンケアは日常的に行っていた方が良いです。そんな保湿やスキンケアを考えたときに洗顔は大事なのですが、過剰に洗顔をし過ぎてしまうことにより、保湿に大事な皮脂やセラミドといった成分を全て洗い流してしまい、保湿機能を失ってしまう場合があります。洗顔の主な役割は古くなった角質を落とすことですので、1日何回も洗顔を行ったり、5分以上の洗顔をしたりすることは肌にとってはマイナスですので、絶対にやめて下さい。

また、前述した洗顔のし過ぎを守ったとしても、自分の肌に合わない洗顔料を使用することも肌にはNGです。肌の強さや皮脂の量は人それぞれですので、自分に合う洗顔料を早く見つけることも肌を綺麗に保つためには非常に重要です。オイリー肌の方や敏感肌の方などいろいろなタイプのお肌がありますので、市販されている洗顔料の中でもそれぞれのタイプに分かれた洗顔料を販売している場合が多いですので、自分の肌に適した洗顔料を選ぶようにして下さい。

保湿で肌の潤いを保つ

みなさん、常日頃から肌の保湿は行っていますか?女性ならもちろんのこと、今では男性でも肌に気を遣い、保湿などのスキンケアを行っている人も多いかと思います。特に、アトピー肌の方も保湿は非常に重要です。そんなスキンケアの代名詞と言ってもいい保湿ですが、みなさん保湿はただ漠然と肌の潤いを保つために大切なスキンケアと思っていませんか?大切なスキンケアであることには変わりはありませんが、保湿を行うことでどのようにして肌の潤いが保たれているのか?という構造を知っておくと今後のスキンケアを行う際にとても参考になると思いますので、今回はその点についてご紹介していきたいと思います。

まず肌の潤いは角質層というラップの厚さと同じくらいの層が10~20層程度積み重なり、外部からの刺激を防ぎ、同時に内部の水分を蒸発することを防ぐ役割があることで潤いを保っています。通常、この角質層が前述のとおり肌の潤いを保ってくれるのですが、乾燥の時期など肌にあまり良い状態でないときにこの構造が崩れやすくなってしまい、肌のトラブルを引き起こす可能性を高めます。そこでアトピー肌にはスキンケアの保湿が重要になってくるというわけです。保湿を行うことで、肌が崩れやすい時期に肌に水分と潤いを与え、そして外部からの外的刺激を防ぎ、水分を蒸発させないようにして綺麗な肌を保つことができるのです。このように保湿を行うことで肌の潤いを保つ構造を事前に知り、今まで自分に合わない保湿を行っていた方は自分に合う保湿方法を見直す良い機会になると思いますので、改めて保湿が肌に良い理由を覚えておいて下さい。