洗顔のし過ぎはNG

アトピー肌の改善などにも非常に大切な保湿ですが、いくら肌に良いとされている保湿でもケアをし過ぎてしまうと保湿の効果をかえって下げてしまいますので、絶対にケアのし過ぎは避けていきたいものです。

人は健康であればしっかり保湿を保つ機能が備わっていますので、保湿はしなくても良いのですが、どうしても肌の保湿力が低下してしまう時期もあることから保湿を含むスキンケアは日常的に行っていた方が良いです。そんな保湿やスキンケアを考えたときに洗顔は大事なのですが、過剰に洗顔をし過ぎてしまうことにより、保湿に大事な皮脂やセラミドといった成分を全て洗い流してしまい、保湿機能を失ってしまう場合があります。洗顔の主な役割は古くなった角質を落とすことですので、1日何回も洗顔を行ったり、5分以上の洗顔をしたりすることは肌にとってはマイナスですので、絶対にやめて下さい。

また、前述した洗顔のし過ぎを守ったとしても、自分の肌に合わない洗顔料を使用することも肌にはNGです。肌の強さや皮脂の量は人それぞれですので、自分に合う洗顔料を早く見つけることも肌を綺麗に保つためには非常に重要です。オイリー肌の方や敏感肌の方などいろいろなタイプのお肌がありますので、市販されている洗顔料の中でもそれぞれのタイプに分かれた洗顔料を販売している場合が多いですので、自分の肌に適した洗顔料を選ぶようにして下さい。